マップの知りたい場所、または会場名を選んでクリックしてください。詳しく施設をご案内します。



札幌芸術の森美術館

1990年9月の開館以来、ロダンに始まる近・現代の彫刻史をたどることのできる作品収集、展示をするほか、札幌ゆかりの作家や現代美術の動向を紹介する展覧会の開催をおもな活動方針とし、調査研究、教育普及活動につとめています。

利用時間

開館時間・午前9時45分~午後5時(6/1~8/31は午後5時30分)※入館は閉館30分前まで
※料金は展覧会ごとに変わります。(小学生以上有料)
※展示替え期間は、閉館しております。


go to top ▲


クラフト工房

学校、企業、グループ等の各種団体で利用できる講習会専用施設です。96名が一度に制作できる大制作室をはじめ、中制作室、小制作室があり、陶芸、染色、七宝、ガラスを中心とした団体講習会を開催しています。

利用時間

開館時間・午前9時45分~午後5時(6/1~8/31は午後5時30分
※入館料・無料


go to top ▲


工芸館

クラフト作品やデザイン等の展覧会が開催される展示ホールをはじめ、常設展示コーナー、染・織工房、クラフトショップがあります。また、織工房では個人向けの講習会を実施しているほか、手織職人による制作風景をご覧いただくことが

利用時間

開館時間・午前9時45分~午後5時(6/1~8/31は午後5時30分)
入館料・無料


go to top ▲


陶工房

陶工房は各種成形用具、土練機、灯油窯、電気窯を備え、初心者からプロまで幅広い利用が可能で、個人利用のほか、グループの貸切としてもご利用いただけます。また、別に本格的な登り窯や穴窯もご利用いただけます。

利用時間

見学時間・午前9時45分~午後5時


go to top ▲


木工房

糸のこをはじめとする工具を一式備え、気軽にご利用できる工作室と専門的制作・加工が可能な機械加工室を備えており、個人利用のほか、グループでの貸切としてもご利用いただけます。また、個人向けの講習会実施しています。

利用時間

見学時間・午前9時45分~午後5時


go to top ▲


有島武郎旧邸

札幌にゆかりの深い文豪、有島武郎。大正2年に建てられた邸宅を当時の姿そのままに芸術の森に移築復元しました。有島武郎の様々な資料を展示しています。

利用時間

■開館時間 午前9時45分~午後5時(6/1~8/31は午後5時30分まで)
■開館日 4月29日~11月3日の毎日
 ・11月4日~11月29日は土日のみ開館。
 ・見学希望がありましたら随時見学可能です。
■入館料 無料


go to top ▲


芸術の森センター

芸術の森の中央に位置し、野外美術館券売所、レストラン、アートロビー、事務室等があります。また、中央バスの停留所が目の前にあります。休憩にもご利用ください。

お問合せ

芸術の森センター Tel. 011-592-5111 / Fax. 011-592-4120


go to top ▲


アートホール

発表機能を備えオーケストラなど大人数でのリハーサルが可能なアリーナのほか、大・中・小の各練習室、ピアノ練習室など、目的や人数に合わせた利用が可能です。また、音楽を楽しむことのできる情報交流コーナーもあります。


go to top ▲


野外美術館

起伏に富んだ緑豊かな自然のなかに広がる札幌芸術の森野外美術館。7.5ヘクタールの敷地には、日本を中心とした現代を代表する彫刻家の作品や、ノルウェーの彫刻家グスタフ・ヴィーゲランの作品、札幌の姉妹都市のからの寄贈作品など、64作家73点の彫刻が展示されています。 作品の多くは、作家がこの地を実際に訪れ、地形や周囲の状況、札幌の気候などをもとに、それぞれの場所のために新たに制作されたものです。
四季折々の変化を見せる北国の自然のなか、天候や時間帯によって、彫刻は実にさまざまな表情を見せてくれます。開放的な空の下、あるいは森の中で、彫刻との出会いをお楽しみください。

利用方法

有効期限: ご購入日から1年間
料 金: 1,000円
【フリーパスの特典】(4/28~11/3)
(1)札幌芸術の森野外美術館及び佐藤忠良記念子どもアトリエに通年何度でも入館できます。
(2)札幌芸術の森美術館の展覧会を団体料金で何度でもご観覧頂けます。

休館日等詳しくはチラシをご覧下さい。

札幌芸術の森野外美術館フリーパス

有効期限: ご購入日から1年間
料 金: 1,000円
【フリーパスの特典】(4/28~11/3)
(1)札幌芸術の森野外美術館及び佐藤忠良記念子どもアトリエに通年何度でも入館できます。
(2)札幌芸術の森美術館の展覧会を団体料金で何度でもご観覧頂けます。

休館日等詳しくはチラシをご覧下さい。


go to top ▲


佐藤忠良記念子どもアトリエ

佐藤忠良は、身近な人物をモチーフに具象彫刻を追求してきた、日本を代表する彫刻家です。彼は1912年に宮城県に生まれ、13~20歳の青少年期を札幌で過ごしました。また、彫刻制作の一方で、美術の教科書や絵本を数多く手がけるなど、子どもの造形教育や豊かな感性を育むための活動にも力を注いできました。「佐藤忠良記念子どもアトリエ」は、そうした彼の想いを反映させた新しい芸術施設。館内には、家族や子どもをモチーフにしたブロンズ彫刻・素描などの作品を展示するほか、図書コーナーでは、彼が挿絵を手がけた絵本や作品集をご覧いただけます。すぐれた芸術に触れるとともに、ワークショップ・ルームでは、さまざまな創作活動を通して自らつくる楽しさを味わうことができます。見て、触れて、表現する – 森の中の小さなアトリエが、子どもたちの感性を育てます。

利用時間

■場所/札幌芸術の森野外美術館内
■開館時間/午前9時45分~17時
 ※6~8月は17時30分まで、11月4日~4月28日は15時30分まで
■休館日/4月29日~11月3日は無休、11月4日~4月28日は月曜日
■入観覧料/野外美術館入館料でご覧いただけます
 ・大人 個人700円・団体630円(20名以上)※中学生以下無料
 ※11月4日~4月28日の野外美術館閉館中は入館料無料となります。


go to top ▲


版画工房

銅版、リトグラフ、木版、シルクスクリーンの4種類の版画制作機能が1つのフロアに納められており、大型判も刷れる本格的な貸工房です。個人利用のほか、グループでの貸切としてもご利用いただけます。

利用時間

開館時間・午前9時45分~午後5時
※版画講習会時の閉館時間は、講習会ごとに変ります。


go to top ▲


絵画アトリエA・B

絵画制作を中心としたさまざまな芸術活動のためにご利用いただける一戸建ての施設です。キッチン、バスのほか、階下に宿泊が可能な休息室もありますので、長期間滞在しての制作活動が可能です。
アトリエA
延床面積 145平方メートル / 制作スペース 約48畳
アトリエB
延床面積 113平方メートル / 制作スペース 約20畳


go to top ▲


多目的アトリエ

ソファーのある談話室、12畳程度の研修室を2室備えるこのアトリエでは、グループに分かれての研修やレクレーションなどにご利用いただけます。


go to top ▲


彫刻アトリエ

石彫専用の一戸建ての施設です。キッチン、バスを備え滞在しながらの制作ができます。※現在補修中につき、貸し出し・ご利用はできません。


go to top ▲


野外ステージ

椅子席(仮設)500名、芝生席で4,500名までの収容が可能で、周辺地区への騒音にも考慮された立地条件にあります。夏には、PMFや各種ポピュラー等のコンサート会場になります。


go to top ▲


ロッジ

山小屋風の素朴なつくりの一戸建ての施設で、宿泊しながらグループでの研修や演劇の稽古、楽器練習などに気軽にご利用いただけます。


go to top ▲


登り窯・穴窯

穴窯、登り窯では本格的な窯焚きを行うことができます。個人でもご利用いただけます。


go to top ▲